ファクタリング専門企業。
中小・個人事業主様をサポート。

0120-611-123

営業時間 9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ

よくある質問

売掛先に知られたりしませんか?
2社間ファクタリングという方式を利用する事で債権譲渡通知を省略する事ができます。
当該方式であれば相手方に知られる事無く債権を譲渡する事が可能です。
審査にどのくらいの時間が掛かりますか?
確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で完了致します。メール・FAX等で書類をお送り頂く事も可能です。
資金化出来るまでの日数はどのくらい掛かりますか?
最短で即日の契約になります。
その為には企業様のご理解と合わせ、必要書類等を事前にご準備出来ていることが前提となります。 余裕を持って契約して頂く事をお勧めします。
支払期日が過ぎてしまっている売掛金は取り扱ってもらえるんですか?
申し訳ございませんが、支払いに遅延が発生してしまっている債権に関しては買取対象外となります。
どんな売掛債権でも買取り可能ですか?
遅延されていなく、通常の商取引で発生した全ての売掛債権が対象となります。
基本的に検収(売掛金の残高に間違いがないか)を完了、入金日がすでに確定していれば、業種を問わず買取り可能になっています。
ただし、以下のような売掛債権は買取れない場合があります。
  • 譲渡禁止特約が設定されている売掛債権の場合。
  • すでに他に譲渡している売掛債権の場合。
  • 回収の困難な売掛債権(金融庁定義の不良債権)場合。
  • 売掛先が反社会的勢力など公序良俗に反する企業、団体の場合。
貸金業者ではありませんか?
貸金業者ではございません。
弊社はあくまでも企業間の取引きにおける、売掛債権を償還請求権なしで買取る(売買契約)決済専門商社になります。
売掛先がもし倒産してしまった場合はどうなるのでしょうか?
売掛先の倒産リスクを含めて買取りさせて頂いております。
償還請求権のないファクタリングは、万が一売掛先が倒産、売掛金の回収が不可能になってしまった場合でも、ご利用者様に保証を求めない契約なので返済義務は発生致しません。
開業して間もないのですが利用出来ますか?
ご利用可能です。
ただし、売掛債権がまだ発生していない場合(一度も御請求書を発行していないケース等)には、発生後にお手続きして頂く形となります。
銀行に融資を断られているのですが、利用出来ますでしょうか?
もちろんご利用頂けます。
原則、ファクタリングでは売掛先企業様の内容を重視して審査致します。
お気軽にご相談下さい。
個人事業主でも利用は可能ですか?
基本的には個人・法人問わずご利用は出来ます。
ファクタリングではご利用者様の信用よりも、売掛債権の信用度、確実性が重視されるため、審査の際は取引先企業の法人規模や属性が考慮されます。
赤字でも利用可能でしょうか?
ファクタリングは今現在御社が有している売掛債権(資産)を現金に換える資金調達方法です。つまりは「売買契約」であるため、赤字であっても取引に影響は一切ございません。
債務超過なのですが利用出来ますか?
基本的には債務超過でもご利用頂けます。
まずはご相談下さい。
税金の滞納があるのですが利用出来ますか?
お申込み、ご利用は可能です。
税金の滞納状況にもよりますので、まずはご相談下さい。
将来債権でも買い取って貰えますか?
将来債権(家賃や委託費)につきましては個別にご対応させて頂いておりますので、直接ご相談頂ければ幸いです。
すでに他社ファクタリング会社を利用中なのですが、それでも利用可能ですか?
利用可能です。
ただし、二重譲渡に該当する同一売掛債権を複数社に売却する事は出来ません。
登記は必要ですか?
原則では登記は必要ありません。
請求書を紛失してしまった場合はどうすればよいでしょうか?
PCで作成されたものであれば再発行して頂く形となります。
元データそのものが無い場合は、通帳や領収書・基本契約書・注文書等で対応させて頂く事も可能です。
法律に違反しないのでしょうか?
債権譲渡は民法上に規定されている契約です。
もちろん弊社では法律の規定に則り業務を行っておりますが、中にはファクタリングを隠れ蓑にした闇金業者の存在も確認されていますので、くれぐれもご注意下さい。