ファクタリング専門企業。
中小・個人事業主様をサポート。

0120-611-123

営業時間 9:00~18:00 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ

ファクタリングとは

ファクタリング(Factoring)とは、ファクタリング会社が企業の有する資産「売掛債権」(主に売掛金)を買取ることで
売掛金の支払期日前に現金を支払い、また契約によってはこの債権の回収までも行う金融取引の総称です。

大前提として、ファクタリングは借入れ・借金・融資ではありません。

売却譲渡が可能な債権は現在所有しているものだけでなく、将来に発生する債権についても対象となります。

または、売却譲渡先の第三者(ファクタリング会社)が回収不能・不良債権化のリスクを引き受けるため、
ファクタリングをした売掛金は未回収リスクがなくなります。

ファクタリングは、融資と比較して短期間で運転資金の調達が可能であることや「審査対象」は売掛先であるため審査の通過率も高く、経済産業省も、その利用を推奨していることから中小企業を中心に人気が高まっている資金調達方法です。

ファクタリングの種類

資金調達の一手段として注目されているファクタリング。
売掛債権を素早く資金化する事が可能で、担保も不要であることから中小企業の事業主様にとっては特に便利なものです。

  ファクタリングを依頼されますと、貴社と売掛先との間にファクタリング会社が入り、売掛債権を買い取ります。
その後、売掛先のお支払い期日に代金を回収させて頂いております。

  これがファクタリングの基本的な流れなのですが、
実はファクタリングには3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。

  ネクストファクターでは、その2種類のファクタリングから事業主様の経営状況やご要望に合わせてお選び頂いております。
銀行などが通常行う、貴社と売掛先と当社で行う3社間ファクタリング。

  そして秘密重視の場合は、貴社と当社のみで行う2社間ファクタリングがございます。

  そこで、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの違いについてご紹介させて頂きます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、まず販売元とファクタリング会社が売掛先へファクタリングを利用することを通知致します。 その後、ファクタリング会社が売掛債権を買取り致します。 これによって、販売元は売掛債権を現金化できます。 そして、本来の売掛先からのお支払い期日が来ますと、売掛先は販売元ではなくファクタリング会社に入金を行います。 これが3社間ファクタリングになります。
    

3社間ファクタリングのポイント

  • 販売元と売掛先、当社の間で行う取引
  • 売掛先への通知、承諾が必要
  • 2社間ファクタリングに比べ、手数料が割安

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの場合は、3社間ファクタリングとは違い売掛先への通知は行われません。 販売元とファクタリング会社の間のみで契約、取引が成立することから、2社間ファクタリングといわれています。 売掛先へ通知を行わない以外では3社間ファクタリングと、おおよその流れは同じです。 ただし売掛先から販売元へお支払いされた代金はファクタリング会社が回収するのではなく、 販売元が回収した後ファクタリング会社へ入金を行います。
    

2社間ファクタリングのポイント

  • 販売元と当社の間のみで行う取引
  • 売掛先への通知、承諾が必要ない
  • 3社間ファクタリングに比べ、手数料が少し割高

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリット

売掛金を即日現金化できる

ファクタリング最大のメリットは、最短一日で売掛債権を現金化できる点です。
公的融資、銀行融資などですと3週間~1ヵ月以上は審査に時間がかかります。
なので、ファクタリングをうまく利用することによって、キャッシュフローの改善になります。

ファクタリングは借入れではない

ファクタリングは債権の買取、「売買契約」なので、融資と違って審査が通り易くなっております。
ファクタリングの審査では、「売掛金、売掛先の信用度」、「過去の取引履歴が良好であるか」、「売掛金の支払い期日のスパン」といった点を審査致しております。
また、審査対象は売掛先企業の信用となり、そこを調査致します。
融資を受ける際は、保証人や担保が必要な場合がありますが、ファクタリングは売掛債権の売買になるので、保証人や担保は必要ありません。

売掛先が万が一倒産しても返金義務がない

万が一売掛先が倒産、未払いが発生しても、ファクタリングを利用した会社に返金の義務が生じないのも、ファクタリングのメリットです。
ファクタリングは償還請求権のない「ノンリコース」での契約になります。
つまり、万が一売掛先が倒産してしまって、売掛金の回収が不可能になってしまった場合でも、遡って請求できる償還請求権はないということになります。

決算書や信用情報など、会計上に影響しない

銀行融資、商工ローンなどの公的融資を利用すると、会計上の負債が増えます。
ファクタリングは売掛債権の「売買契約」になるので、負債には影響しません。
賃借対照表上の負債が増えないという事は、以後の融資の審査にも影響を与えません。
つまり、信用情報に記録が載らないため、信用低下のリスクを負わなくていい事もファクタリングのメリットの1つです。

売掛先や第三者に知られない

3社間ファクタリングでは売掛先の承諾を得るため、売掛先にファクタリングを利用したことが知られてしまいます。
しかし、販売元と当社のみの間で行う2社間ファクタリングの場合、当社から売掛先への連絡や、当社と売掛先との契約などは一切ありません。
なので、最後まで売掛先に知られることなく資金調達が可能です。

ファクタリングのデメリット

手数料が発生する

契約方法によって異なりますが、3社間ファクタリングでは買取金額の1%~9%、2社間ファクタリングでは買取金額の10%~20%の手数料がかかります。
売掛金を立て替えるというリスクが発生するため、ファクタリングを利用する際に手数料は必ず発生します。

売掛債権の額面の範囲内でしか資金調達ができない

ファクタリングは売掛債権を早急に現金化する資金調達方法のため、お持ちの売掛債権以上の金額は資金化はできません。
ですから、希望金額よりも資金調達額が下回ってしまう場合は、銀行融資、商工ローンなどの公的融資と併用して利用することをお勧めします。

分割での返済ができない

銀行融資、商工ローンと違い借入れではないため、売掛金の入金日に一括でファクタリング会社へ支払う必要があります。
分割での返済となると、ファクタリングではなく「貸金」に該当します。
そのため、どのようなファクタリングであっても、すべて一括での支払うのがファクタリングの原則となります。

3社間ファクタリングの場合のみ売掛先の承諾が必要

販売元と売掛先、当社の3社間で契約する3社間ファクタリングの場合のみ、売掛先の承諾を得てからではないと資金調達ができません。
それは3社間での契約の場合は、売掛金の入金を直接ファクタリング会社の口座に変更して頂く必要があるからです。
そのため、2社間の契約と異って3社間での契約の場合は売掛先の承諾は必須となります。

ファクタリング3つのポイント

遡及権ともいいます。そもそも、手形・小切手の所持人が支払または引受けを拒絶された場合、自己の前者(振出人・裏書人等)に対し、支払に代わる一定金額(遡求金額)を請求できる権利です。
ファクタリングにおいては、ファクタリング業者がお客様にお金を請求する権利のことをさします。
償還請求権がない場合と、ある場合があります。
現在、日本で主流になっているファクタリングは償還請求権(ノンリコース)なしのファクタリングです。

債権譲渡登記制度は、法人がする金銭債権の譲渡などについて、簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。
金銭債権を譲渡したことを第三者に対抗するためには、原則として、確定日付ある証書によって債務者に対する通知を行うか、債務者の承諾を得なければなりません。
ファクタリングにおいては、お客様が業者へ売掛債権の権利を“公的に”譲るための手続きをさします。
ファクタリング業者側では、売掛債権の権利者であることを法務局(登記所)に備える登記簿(債権譲渡登記ファイル)に記録する手続きを行います。
これにより登記を行ったファクタリング会社は、当該債権の債務者以外の第三者について公に主張する事が可能になります。

ファクタリングとは債権譲渡契約にともなう利息として考えられています。支払利息もしくは債権譲渡損等の科目になると考えられています。
このため、消費税が非課税となります。ファクタリングに係る手数料についても非課税です。言いかえれば、ファクタリング手数料分の消費税はファクタリング業者が支払うために、全体の税金額は変わらないと考えます。